のみ、かんな、まさかり、ちょうな、彫刻刀、切り出しetc. 逸品大工道具の数々 〜戦国時代から受け継がれる与板刃物の新ブランド【越後与板打刃物匠会】〜

越後与板打刃物匠会 公式通販サイト

鉋の製造工程

鉋の製造工程

工程1 地金焼(じがねやき)・鍛造(たんぞう)

鉄を炉で加熱し、真っ赤に焼いたものを、スプリングハンマーで叩きながら、形を造っていく。
叩くのは、小さな材料を大きく伸ばすためだけでなく、叩いて叩いて丈夫な鉄へと鍛え上げるという、大事な意味があるのです。
鍛造とは、『鍛=きたえて』物を『造=つくる』のです。

工程2 鍛接(たんせつ)

金属を接合する接合法の一種。地金と鋼を熱して叩く事で接合する作業の事です。
1100℃位の火で熱した柔らかい地鉄に、鍛接剤をはさみ炉の中で赤めます。
刃の部分になる硬い鋼を乗せます。
900~1000℃で熱した刃を火から取り出し、すばやくハンマーで叩き金属同士を接合します。
表面の酸化膜を水蒸気と共に飛ばすため時々水をつけた金槌で叩きます。

工程3 焼きならし・鍛錬

焼きならし(焼準、しょうじゅん) 鉋の鋼の組織を元に戻す、または強くする。
高温の鍛接作業で粗くなった鉄の結晶を整えます。
その後、高温・中温・低温で熱して鉋の鋼の部分を鍛えます。

工程4 型板

鍛接された鉋刃を切断機で鉋の形にして金槌で叩く。

工程5 焼き鈍し(やきなまし)

鉋の硬さを下げ、鉋を柔らかくして次の作業のしやすいようにする。

工程6 荒仕上げ

グラインダーで荒仕上げする。

工程7 岡ならし

400℃程度の温度(鉄が赤くならない)で熱処理することにより、鉋の鋼組織が更に強化される。

工程8 化粧打ち

鉋の裏の頭の方に模様をつけます。模様は模様のついた金槌を打ち付けます。

工程9 焼きいれ・焼き戻し

炉の中に鉋身を入れて800℃位で焼き入れした後、たっぷり水を貯めた水槽に鉋身を浸します。
熱処理の度に、生じている歪を叩いて直します。
後に硬さを下げるため150~160℃位で焼き戻しをすることによって鋼の粘さをだす。

工程10 砥ぎ入れ・刃付け

鉋身は水砥所(すいけんじょ)に送られて天然研石で刃付けが行われる。
研ぎ終った鉋の鋼の艶を見る。

工程11 台入れ

鉋身をあて仕込み角と押さえ溝の墨付けする。(現物合わせ)
鉋台の専用木工機械で台上端しを荒堀する。
特殊工具(木工機械)で表なじみの荒仕上げを行い、刃口も貫通させる
仕上げは、追い入れ鑿などで掘る。
表なじみ仕上げは突きの鑿で慎重に削られる、押さえ溝の幅も同時に鉋身に合わせて調整される。

鉋の保管

鉋の保存は、鉋刃・押金を錆び止め油でよく拭き、鉋台に鉋刃を8分程度入れて保存します。
直射日光には絶対に当てない事や冷暖房の良く効く場所は避けて道具箱や発砲スチロールの箱に入れて置く事が大事です。