木工制作レシピ

レシピ内で使用している一部の道具はこちらの通販サイトからご購入いただけます。

木工レシピ1 端材で小さなお皿を作る

■ポイント
棚作りのあとの残りの材木など、捨てるのは勿体ない端材でもお皿が作れます。
ノミの使い方を一度覚えれば、より制作の幅も広がります。
ノミ跡を残すようにしっかり彫ると暖かみのある雰囲気が出ます。

■材料 材木(110㎜×110㎜×20㎜)※写真はケヤキを使用
■道具 丸ノミ、平ノミ、木槌
のこぎり、固定具(クランプ)、紙ヤスリ、仕上げ用オイル

①のこぎりで角を切り落として、お皿のかたちを決めます。
②しっかり固定し、外側から中央へノミで彫っていきます。
③裏返して、底面に線を引き、線の外側を平ノミで角を落としていきます
④底のぐらつきを直します。
平らな場所にペーパーやすりを敷き、底を擦って凹凸を見ます。
高い箇所をノミで削ります。ぐらつきがなくなるまで繰り返します。
⑤ペーパーやすりで角張った箇所をならします。
⑥オイルを布につけて全体を拭いたら完成です。

 

木工レシピ2  曲ノミでスプーンを作る

■ポイント
スプーンのすくい部分を深くしたいときは、曲ノミという道具を使います。
通常のノミと違い、首にカーブがついているため縁に道具が当たらず、深い穴を彫る事ができます。スープ用スプーンや、おたまも作れます。

■材料 木材(30㎜×150㎜×20㎜)※写真はイチョウを使用
仕上げ用オイル(オリーブオイルでもよい)
■道具 ノミ(丸刀、18㎜)、曲ノミ(丸刀、15㎜)、彫刻刀(丸刀、15㎜)
切り出し、固定具(クランプ)、のこぎり、紙ヤスリ

①スプーンのかたちを決める
木材にスプーンのかたちを書き込み、線に沿ってのこぎりで切ります。
②くぼみを彫る
まずはスプーンのくぼみを彫ります。クランプでしっかりと固定し、丸ノミ→曲ノミの順に深く彫っていきます。彫った面は彫刻刀で整えます。
③スプーン側面のかたちを決める
木材をひっくり返して固定具で止め、くびれの部分など深く彫る箇所をノミや鋸で削ります。すくい部分の裏側は角を削り落として丸みをつけます。
④柄を持ちやすいかたちに削る
固定具でとめられなくなったら、材料を手に持ち替え、切り出しで全体のかたちを削りだしていきます。
切り出しで怪我をしないよう、一度に大きく深く削らずに、ゆっくりと無理のない力で削るようにしましょう。
⑤仕上げ
スプーンのかたちができたら紙ヤスリを全体に軽くかけ、毛羽立ちをとります。その後はオイルを染み込ませた布で拭きあげて完成です。