カンナの使い方

電動工具だけでなく手工具も使えれば、より自由に楽しく、物作りの幅が広がります。
興味はあるけれど、ノミやカンナは難しそうで敷居が高い…
手工具は使い方や手入れの方法がわからない… いろいろな悩みにお答えします!

《カンナの使い方を知りたい》

カンナの持ち方は、台の中央付近を利き手で上から覆うように掴み、反対の手はカンナ刃の裏側に添えます。

引き方のコツは、無理に引っ張ろうとせず、台を材料に押しつけるように上から圧をかけ、腰を中心に持った姿勢を崩さずに自然な力で身体ごと引いていきます。

 

《カンナの刃はどうやって出すの?》
 ※左の画像「道具の使い方」を参照ください。

①刃を差し込み、矢印の方向から刃の頭を少しずつ玄翁で叩いて刃を出します。このとき、左右で刃の出方が傾いていないか目視でよく確認します。

刃を出したら、ぶつけて刃こぼれしないようにカンナ台を置く時は横に立てるように置きます。

②刃が出過ぎた場合は引っ込めるために叩きます。その際は、刃ではなく、台の頭部分の矢印の位置を交互に叩きます。このとき刃が抜け落ちると危険ですので、指で軽く支えながら叩きます。

 

①と②を繰返して刃先の出方を調整します。

刃の調整が終わったら裏金を入れ、刃よりもほんの少しだけ下げた位置にします。

出来る限り薄く刃を出すと、無理のない力で削る事ができます。

 

《砥石は何を使えばいいですか?》

大きく刃こぼれした場合は荒砥石が必要になりますが、「中砥石」「仕上げ砥石」の2種類があれば道具の使用に間に合います。

いずれもホームセンターにある砥石で充分です。

 

《使ったあとは?》

刃物は水気にとても弱く、使用後そのままにしておくとすぐに錆びが出ます。

仕舞う前に刃部分の汚れを拭き取り、錆び止め油を染み込ませた布で拭いておきます。

錆び止め油はホームセンターで購入できますが、ご家庭のオリーブオイルでも代用できます。油を拭いたあとは新聞紙や紙にくるんでから仕舞うと、より錆びにくいです。